サラリーマン辞めて司法書士になった

お寺の中に専用の供養地蔵があります

私の先祖の墓がある寺には、入り口の横に水子供養専門のお地蔵さんがあります。
ご相談ください愛知 水子供養←このサイト
子供の頃は、お菓子が沢山供えてあるその場所が赤ちゃんで亡くなった人が祀ってあるんだよと教えられていたので、自分もおやつをお供えした事があります。
ここから愛知 墓地探しておこう。

 

母もいつもそこにおやつを供えていました。ちょっと大きくなった時、それが水子供養の場所だと知りました。
水子と言うのは生まれる前に亡くなったり、流産したりした子供の事です。
気になることがあれば愛知 永代供養ご依頼ください。

 

今では、そこにわざわざ来られる方をあまり見かけませんが、近くの大きな水子供養専門のお寺には本当に沢山の前掛けをかけたお地蔵さんが並んでいました。昔の風習とはいえやはり現代でも沢山の人が、生まれてこれなかったわが子の為にお参りに来ておられるのだなと思いました。
詳しい情報は岐阜 水子供養で検索。

 

私の母も昔、一度流産の経験がありお菓子を供えていたんだよと聞かされたのは、中学生の時でした。私と姉の間にできた子供で、妊娠4カ月の時に流産したそうです。姉と私が少し年が離れていたのはそうせいだと教えてもらいました。それから私も会えなかった兄におやつを供える事にしました。
教えてもらったサイトはこちら→→愛知 納骨←←